子育て

ベビービョルンのバウンサーって実際どうなの?【本音レビュー】

ぴここ(@pikokochan)です。

今回は、あかちゃんをあやすための手助けとなるグッズ「バウンサー」について紹介します。

あかちゃんが泣き止む!」「乗せておくと快便になる!」とウワサのベビービョルンのバウンサーをレンタルして使ってみました。

実際に使ってみた感想をホンネで書いていきます!

ベビービョルンのバウンサーの使用を検討している方の参考になりますように!

あかちゃんをあやす お助けアイテム「バウンサー」

あかちゃんは、パパやママに抱っこされるのが大好きです。

うちの子も、生まれたばかりの頃はミルクを飲ませたらすぐ寝てくれましたが、生後1ヵ月を過ぎた頃になると起きている時間が少し長くなり、少しでも抱っこをやめて離れるとすぐ泣くようになってきました。

時間が許すかぎりは抱っこしてあげていますが、朝から晩まで一日中ずーっと抱っこという訳にもいきません。

  • 毎日のだっこで、既に手首や腕が痛い
  • 抱っこする側が疲れてしまう
  • 家事など、他にやらなければいけないことがある

などの事情が。

こんな時に便利なのが、バウンサーなのです。

パパやママの代わりに、心地よい揺れで赤ちゃんをあやしてくれるんだとか。

我が家もこの便利アイテムをレンタルしてみることにしました。

「バウンサー」は電動と手動の2タイプある

バウンサーには、電動手動のものがあります。

  • 電動バウンサー:名前の通り電動でゆらゆら揺れるタイプ
  • 手動バウンサー:あかちゃんが手足を動かすことでバウンサーに揺れが伝わり、動くタイプ

価格的には、手動バウンサーの方が安値です。

ベビービョルンの「バウンサー」の特徴

好みの生地が選べる

キルト生地、スムース生地、メッシュ生地から好みのものを選べます。

カラーや柄も豊富です。

リクライニングは3段階

裏についているアジャスターをスライドさせるだけで、簡単にリクライニングの高さを調節できます。

リクライニングは3段階で調整できます。


また赤ちゃんの大きさによって、適した角度が違います。

低:体重7kgまで
中:体重10kgまで
高:体重13kgまで
※お座りができるまでは、低・中ポジション推奨

折りたためるので持ち運びしやすい

持ち運び用のケースも販売されています。

ベビービョルンの「バウンサー」ネット上での評判

今回私たちがレンタルしたベビービョルンのバウンサーは、手動タイプです。

色んなメーカーのバウンサーがありますが、決め手となったのはネット上での口コミ情報。

一部ですが、Twitterでの評判を抜粋してみました。

良い評判

このように、

  • バウンサーにのせると快便!
  • 自力で寝付いてくれる!
  • 一人でも機嫌よくいてくれる!

といった声が多くみられました。

悪い評判

ベビービョルンのバウンサーは「良かった!」という声が多くある一方で、ネガティブな意見もありました。

まとめると、

  • 高価なので手を出しづらい
  • バウンサーを好まない子もいる

といった感じ。

ちなみにベビービョルンのバウンサー定価19,000円 (税別)です。

決して安くはないこの価格…

子どもが気に入ってくれるか分からないので、とりあえず短期間のレンタルで試してみることにしました。

百聞は一見に如かず!

まずはレンタルでお試しすることにしました

今回私が利用したのはこちらのベビレンタ

ご参考までに、今回のレンタル料金はこんな感じでした。

レンタル期間30日:3,080円
往復送料:1,320円

Total:4,400円

最短レンタル期間は1週間で、同じバウンサーを1週間レンタルする場合は約2,000円プラス往復送料でレンタルできます。

子どもとの相性をみるためにも、いきなり購入するよりまずはレンタルでお試しするのがおすすめですよ!

※ただこのベビレンタ、レンタル期間後しばらくすると「不要なベビー用品ありませんか~買い取らせてもらえませんか~」といった内容の営業電話が掛かってきます。

個人的にはそれがマイナスポイントでした・・・
(2回利用して2回電話があったので、レンタルしたら毎回電話が来るのかも。)

ベビービョルンのバウンサーを使ってみたレポ

バウンサーに乗せたら泣き出した

希望と期待を胸に抱いて、若干ぐずっているわが子をいざ「バウンサー」に乗せてみました。

ポワンポワンと揺れるバウンサー。初めての感覚に一瞬目が点になるわが子。

そして表情は…歪みだした!!

「びえ~~~~~~ん!!!!!」

泣いてしまったー!

寧ろいつもより泣き方が激しい気が(泣)

わが子には合わないのかな?と思い、とりあえずこの日は使用を断念。

数日後に再チャレンジするも大泣き

バウンサーが気に入らない様子だったので、初日以来バウンサーを使っていませんでした。

でもせっかく用意したからには、何度かトライしてみようと思いもう一度チャレンジ

しかし、結果はおなじ大泣きしてしまいます。

気持ちを落ち着かせてから再チャレンジ

ぐずっているすでに泣いている状態でバウンサーに乗せても意味がないのかな?と思い、たくさん抱っこして機嫌のいい状態でバウンサーに乗せてみました

すると、泣かずに乗ってくれました!

が、この状態も長くは持たず。

いままでのように泣き出してしまいます。やっぱりだめかー。

バウンサーの使い方を試行錯誤してみた

せっかくバウンサーを用意したのに、このまま全く使いものにならないのはちょっと悲しい。
ということで、なにか打開策はないか色々試してみました。

股ベルトを外してみた

ウエスト部分を支えるための股ベルトが窮屈なのかなと思い、一旦外してみました。

※通常、首や腰が据わっていない赤ちゃんの場合は、必ず股ベルトを付けて使用します。

股ベルトを付けて乗せている時よりも機嫌のいい状態が持ちましたが、数分経つと泣き始めてしまいました

他のベビーグッズと組み合わせてみた

わが子をバウンサーに乗せて、さらに「メリー」を近くに置いてトライしてみました!

10分以上ごきげんな状態が続き、光が見えた!!と思ったのですが。

やはり徐々に顔が歪んでいき、結局大泣き

しかも、ごきげん状態が長く続いたのは「バウンサー」の効果じゃなく「メリー」のおかげ。。。

座面におくるみを敷いてみた

今回使ったバウンサーはメッシュ生地のタイプだったのですが、もしかして肌触りがお気に召さない?背中にぬくもりが欲しい?と思い、バウンサーにおくるみを敷いてから乗せてみました。

それでも、いままでと変わらずすぐに泣きだしてしまいました。だめだー。

しばらく使わない期間をあけてみた

最初に使い始めたのが生後2か月頃。

3か月ほど期間をあけて、もう一度レンタルしてみました(笑)

離乳食期に入ったので、バウンサーに座らせて離乳食を食べさせることにしました。汚しても洗濯できるし。

するとなんと全然泣かない~!!大丈夫になってました。

むしろ、背もたれに寄りかかってると飲み込みやすいみたいでずっともたれかかってます。リラックス状態。

もうすでに息子からは貫禄すら感じられました。

しかし、腹筋に力がついてくると起き上がろうとするときにミルクを吐き戻すようになってしまい、生後6か月頃には使うのをやめました。

ベビービョルンのバウンサーを使ってみた感想まとめ

ベビービョルンのバウンサーはネット上での評判が良い!が、気に入ってくれない子もいる。

しかし時が経てばバウンサー嫌いも解決する可能性あり。

ネット上での評判を見ていると、大半の子はバウンサーの上にいるとごきげんでいてくれるようです。

うちの子のように気に入ってくれない可能性もあるので、まずは短期間のレンタルで試してみるのがいいと思います!

我が家はベビレンタを利用しました★

ちなみに、結局うちの子が気に入ってくれたのはコニー抱っこひも。コニーのおかげで毎日の抱っこがだいぶ楽になりました。

コニー抱っこひもについても今度書きたいと思いますー!ではでは!